事故や事件・債務整理などは弁護士に依頼することで解決

誰でも巻き込まれる

相談

後遺障害の段階を明確にする

交通事故は、被害者にとっては不測の事態だと言えます。無防備なところに事故に合ってしまうと身体に重大な疾患を残してしまうこともありえるのです。このような障害のことを、交通事故の場合には後遺障害と言います。後遺障害が残ってしまった場合には、まずその後遺障害の段階を決めてもらわなくてはいけません。身体に残っている後遺症の程度が著しく酷い場合には、一生を過ごせることができるくらいの保証がないといけません。こうした認定のことは等級認定と言い、等級の違いによって後遺障害の賠償の金額も大きく異なります。交通事故の場合には、特に後遺障害による話し合いが大切になるため忘れないように注意をしておかなくてはいけません。

いくらでも大きな金額を請求できる

交通事故の後遺障害では、後遺障害の程度が大きければいくらでも大きな金額を相手に対して請求することが可能です。そもそも、後遺障害の際には慰謝料請求を加害者に対して請求することになります。慰謝料請求に関しては、被害者側からいくらでも金額を設定して請求することが可能であるため本人が望む金額で話し合いが出来るのです。もちろん、過去の案件から相場を計算することは可能ですがそれはあくまでも基準であって絶対的なものではありません。本人が納得できないのならば重度な後遺障害を理由として非常に大きな金額を請求することが出来るのです。実際に、過去の事例を覆して大きな金額を手にした人もいるため後遺障害を背負うほどの大きなケガを背負ったときには遠慮してはいけません。